短気で気分屋なワタシのパートナーシップ論。

2023-10-12

他人軸な自分のままで生きていく

(2023.10.13 最後追記しました)

こんにちは!
心理カウンセラーの徳永麻由子です。

先日、カウンセラー仲間向けにミニ講座をさせていただきました。

期間中、緊張でずっと快便でした!💩


心理学の講師になる練習中なのです。


漢方や下剤を飲んでも何日もうんこが出ない日がある私にとって、この講座の前後(トータルで一ヶ月ほど)は快便すぎて・・・。

メンタルは休まりませんでしたが、腸内は毎日スッキリ。
食べたものがその日のうちに出てってるんじゃないかってぐらい出る。
すごい嬉しかったです。

じゃあなんでそんなに緊張したのか?


私は他人軸だからです。

えへへ。


指摘されるのが怖い私


心理カウンセラーと名乗ってはいる徳永ですが、そんな私でも他人軸なところまだまだあります。

例えばこのミニ講座。

自分で講座をするからには、お客さまに来ていただきたいわけです。
今回のお客さまはカウンセラー仲間です。

ミニ講座企画後、たくさんの人に声かけをしたんです。

「今度こんなミニ講座をするので、ぜひ来てください」「初めての挑戦なので、応援してほしいんです」と一人一人に連絡をとっていきました。



そうすると、「この人には声かけづらいなぁ」と感じる方がいたんですよ。

「ああ、この人呼んだらめちゃくちゃ改善点とか指摘されそうだな」とか「講座を通して何を伝えたいのか分からないですって思われそうだな」とか。

そういったことが気になってしょうがなくて。
緊張とはまた別の怖さ。

それで何日も声をかけられない人っていうのがいました。


「ほらね」が恐怖


いざミニ講座を終えてみると、いやもう本当に怖かった!
自分の中ではもう反省点の嵐。

「告知に書いていたあの部分、講座の中で説明してない!」
「せっかく参加者さんが話してくれた良い視点、その後の説明でもっと拾ってあげればよかった!」
「やっぱりワークを取り入れたらよかった!」
「時間余った!くそー!!」

「わーーもう自己満講座じゃん!!!!」


こんな感じでミニ講座を終えた達成感よりもセルフ反省会ばかりやってました。

で、まださらに怖いことがあるんです。


このミニ講座、私がお世話になっている会社(ココロノオフィス)さんが取りまとめてくださっていて、その事務局のスタッフさんというのがいらっしゃいます。

ミニ講座終了後、講座に参加してくださった方々からアンケートを集めさせていただくんですが、そのアンケート内容をスタッフさんたちが回収してくださいます。

そしてミニ講座を終えて数日後、講師を務めた私の手元に届くようになっているんです。

で、
そのアンケートには「ここは改善した方がいいと思う点」という項目があってですね。


いやーー分かるんですよ。
それがとっっっても大切な項目ってことはね。

なんならその声を今のうちに聞いておくために、講座の練習をするようなものだしね。

わかっとるわかっとる!!


でも怖いわーーーーーー!!!!!
\(^o^)/


とか思いつつ、心臓バクバクさせながら、届いたメールとアンケート結果を開封しました。

どきどき。
どきどき。

あぁ~・・・!!

みんな褒めてくれてる!
ありがたいお言葉もいっぱい!

ありがとうございます!!!!


あっ!
でもほら!!

やっぱり書いてある!!!

書いてあるよ!!


「難しかった」
「目的が分からなかった」
「ワークがあったほうがよかった」
「もっとここ説明した方がいいと思う」


ほらね\(^o^)/



快便でもメンタル凹む


今年で一位、二位を争うぐらい落ち込みました。

でも
「改善した方がいい点あったらぜひ書いてください!お願いします!」ってお願いしたの私だからね?

「これ言ったら徳永さん傷つくかなぁ?って思わないでね!それは投影だからね!」って何度も説明したの私だからね?

自分で言っておきながらなんで凹んでんだよって自分でツッコんだよね。


みんなが私を否定してないのもちゃんと分かってるんです。
「今も良いけど、こうしたらもっと良くなるよ」っていうメッセージだっていうのもちゃんと分かってる。

こういう意見くれて、本当ありがたいな~ってちゃんと思ってます。

でも、それでも凹んだのです。


年々、お腹って出てくるじゃないですか。
特に下腹(急に何の話)

なんで?ってぐらい下腹ばっかり出てくる。

ミニ講座の数週間も前から緊張でずっと快便💩だったのに、下腹はずっと出っぱなし。
そういうもんです。


今回のことも頭では分かってるんです。

わたし自分に期待してたんだなぁとか、完璧にこなしたいとかイキっちゃってたんだなぁとか。
でも、やっぱり気持ちは凹むんです。

心はずーんと落ち込む。
そういうもんです。


落ち込んだときの問いかけ


アンケートを見て、凹んだ私。

その勢いで、すぐに泣き言を何人かに伝えに行きました。


その節は本当にありがとうございました(土下座)

そして気分転換にと自動車のガソリンを入れに外出。
ガソリン入れながら「落ち込むわー!あー落ち込むおちこむわーーーー!!」と声を出してきました。
(ガソリンスタンドって周りに人がいても、結構な声出してもバレなかった)


で、ふと、考えるんです。

私は何に落ち込んでるんだろう?って。


・自分の不出来なところを指摘されたこと
・それがスタッフさん側にも知られたこと
・そういうのを恥ずかしいと思っちゃってること
・何が言いたいのか論理的にまとめられないこと
・みんなに分かりやすく伝えることができないこと
・せっかく来てもらった人たちの期待を裏切ってしまったこと
など


そして、さらに考えます。

これ気にしちゃうのって今回だけ?って。


前職、会社員やってたときもあったんですよね。
学生時代もしょっちゅうでしたね。

「できる子」でいたかったから、「できないところ」がバレるのはすごい嫌だった。
先生とかに指摘されたとき、ものすごいいたたまれなくなった。
だから常に人からの評価を気にしちゃってた。

周りの人からの評価とか、特に先輩や先生といった目上の人の評価。
そんなこと気にしてる自分自身が恥ずかしい。

そんなのも全部含めて恥ずかしい。
(両耳をふさいでアワワワワってしたい)


でもそういう、「できないところ」があるって自分が誰よりも知ってるわけですよ。

だから、今回のアンケートでみんなから指摘されたときにこう思うんです。

「ほらね」って。


頭の中で「ほらね」って声が聞こえてくるんですよね。
こうなると、もう、すっごくいや~~~~な感じ!

自己嫌悪もある。
自己否定もある。
誰かに愚痴を聞いてもらいたくなる。
みんなと距離を置きたくなる。
閉じこもりたい!って感じる。

(両耳をふさいでアワワワワってしたい)


どうも私はそれだけ「できる子」になりたい”らしい”のです。


自分の中の「○○したかった」を無視しないこと


あなたも落ち込んだ時、頭の中や心の中でいろんな「ほらね」とか「やっぱり」みたいな声が聞こえてくると思うんです。

そいつらの声ってやけに大きく聞こえますよね。
至極まっとうなことも言ってきます。

「ほら、やっぱりお前にはまだまだできないんだ」
「ほら、また人に指摘されてばっかり」
「だからいつまでたっても私は成長できないんだ」
「だからこの道は向いてないんだよ」
「まだまだ甘い。こんなんじゃいつまでもプロになれるわけがない」


その声にだまされないで。
ただの声だから。

その声と喧嘩もしなくていい。
あなたの声でもあるから。


実際、達成できてなくても、たとえ不完全だとしても、あなたが100点満点中30点しか結果を出せないのだとしても。

うまくやりたかった。
みんなの期待を超えたかった。
みんなにすごいって思ってもらえたかった。
みんなを喜ばせたかった。

そんな想いが、あなたの中にあったんだってことをまずは無視しないでほしいんですね。


みじめでもね。
負けた気がしてもね。

自分の本音を無視しないこと。
これだけは覚えておいてください。

しょうがないのよ。

アラフォーになった今も、私にとってはそれだけ重要なこと”らしい”から。
頭ではあまり分からなくても、これだけ落ち込むってことは、そうなんでしょうから。

きっとこれからも、気にしちゃうんだと思います。
そしてまたどうせ凹んじゃうのよ。

どこまでいっても、
そういうもんです。



そんなふうにガソリンスタンドで物思いにふけった私。

気付いたら気分がすっきりしてきたんです。
自分の中の「○○したかった」という本音に気付けたのが大きかったようで。


結局、アンケート内容を読んで凹んでから約5時間ほどで、嘘みたいに元気になりました。

「聞いてくださいよー!凹みましたー!」って相談した方々に話を聞いてもらえたのも大きかったです。
また何かあったら駆け込ませていただこうと思ってます。



他人軸な自分が大好き


あなたはどんなときに凹みますか?


苦手なこともあるよね。
いつまでたっても成長できないって感じちゃうよね。

できてるところもあるんだけど、やっぱりできてないところ気にしちゃうよね。

別にそのままでもいいんだけど、どうする?
やってもいいし、やらなくてもいいんだよ。

うまくできないままでも、やったっていいんだよ。
どうしたい?


頭の中や心の中で鳴り響く大きな正論にだまされないで。
いつまでも自分は他人軸なんだって、そこだけを見つめないで。

うまくできなくても、あなたの中に確かにあったはずの「○○したかった」っていう想いを、自分で殺さないでください。



自分の本音とつながれたときって、自分の中にある愛とつながっているときなんです。
案外、他のことがあまり気にならなくなるぐらい、安心感が芽生えてきます。
だから、こっちに意識を向けてほしいんですね。


私はきっと今後もしょっちゅう人からの評価を気にしちゃうと思います。
他人軸ばりばりになっちゃうと思います。

それでもいいんです。

その度に自分の中の「○○したかった」にフォーカスします。


で、
やってもいいし、やらなくてもいい。
どっちでもいいけど、どうしたい?

そんなふうに自問自答しながら、ずっと生きていくんだと思います。

他人軸な自分のままで、これからも生きていこうと思います。



そして私自身、今回ミニ講座にチャレンジしたことで、そしてアンケートでご意見をいただいたことで、「こんなことできるようになりたいな!」「今度こういうのを取り入れてみたいな!」と楽しみが増えました。

またいっぱい緊張もすると思うんだけど。
(その度に快便になるなら最高よね!💩)

また他人軸に振りきれちゃっても、大丈夫。
それでも私はやりたいことをやるのです。


新たなステージ


もうひとつお話を。
これもとても大切なことなので。

私が先日このミニ講座のために、「ぜひ来てください」とお声がけした仲間たち。

私が声かけをしたことで、「わ、集客だ」「こいつセールスしてきた」と警戒して、距離をとった人もいるはずなんです。
(参加者さんには講座受講料を支払っていただき、それが講師にも還元されるシステムだからです)


そして今度、実は福岡で対面のイベントをします。

【残4席】福岡:10/21(土)・22(日) 占い×心理学イベントをやります!

このイベントに興味がないか、私は直接の知り合いにたくさん声をかけたんですね。
こっちのほうが、私にとって、とても勇気がいりました。

前の職場の人。
その前の職場の人。
昔の友人たち。

また警戒されるかもしれない。
LINEもブロックされるかもしれない。
変な噂を流されるかもしれない。
嫌われるかもしれない。
白い目で見られるかもしれない。

もう二度と会ってくれなくなるかもしれない。


そんな声で頭と心がいっぱいになったとき、同じように私は自分に聞いてみたんです。


「声をかけてもいいし、かけなくてもいいんだよ。」
「どうしたい?」
「それでもチャレンジしたい?」

「以前仲の良かった友人たちがついてきてくれなくても、私は新しいステージに進みたい?」


確かに悲しいけど、私はチャレンジしたいんです。

不安なんだけど、私は進みたいんです。


自信の無さとともに。
不安とともに。

進んだっていいんです。



凹んだ時に押し殺さなかったあなたの中の「○○したかった」という本音。
あなたが新しいステージへと進むときに、背中を大きく押してくれるはずなんです。

私も不完全なまま、他人軸のまま進みます。
あなたも一緒に進んでいきませんか?

2023/10/13 追記

誤解を招かないために、まず、私は本当に元気です!
ご心配をおかけしてしまった方々がいらっしゃったら、申し訳ありません!

ミニ講座の後にいただいたアンケート内容も、改めて読んでも全然凹まないぐらい、気持ちは全回復しています!

というか、アンケート結果の「もっとこうしたらいいと思う点」という欄の内容は全部、普通の表現でございました。
全然クレームとかも無く、冷たい表現も一切ありません。
っていうか指摘もめちゃくちゃ優しいし、素敵な視点がいっぱい!

なんなら、あの欄が一番応援メッセージだった。

だってあの欄に誰も何も書いてくれてなかったら、私どうするよ…
私めっちゃ書いてもらえたんです…
みんな勇気を出して書いてくれて、本当に愛されてる実感をひしひしと感じました(ああなんか泣きそう)
ミニ講座に参加してくださった方も、たとえ参加できなかった方も、本当に本当にありがとうございます。

そんな想いを大切にしながらカウンセリングをしています。


みなさんからのコメントを楽しみにしています♪
匿名やニックネームでも投稿が可能です。
必ずお返事をさせていただいておりますので、ご感想やお気づきのことなどありましたら、お気軽にお寄せください。


こちらもぜひご登録くださいね!

「自己否定と仲直りしよう!」をテーマに情報発信中。
登録していただいた方のみ無料でのご相談やご質問も受け付けています(回答はブログやSNSで紹介させていただくこともあります。)
メッセージを投げてくださると、徳永が喜んでお返事します!


こちらもぜひご利用ください!
心理カウンセラー根本裕幸氏の「お弟子さん制度」を卒業したカウンセラーやコーチがお答えする、お悩み相談サイトです。



0 comments:

コメントを投稿

ニックネームや匿名でも自由にコメントができますので、感じられたことやお気づきなど、お気軽にコメント残してくださいね♪
いただいたコメントへは必ず返信をさせていただいております〜!